自己紹介

はじめに

俺は中央大学の商学部会計学科で仮面浪人をしていた者です

実質1浪ということになります\(^o^)/

2014年の入試で運良く慶應法学部に合格しました

自己採点での得点は

英語110点、日本史60点、小論文50点

ぐらいだと思います(´・ω・`)

まあ、受験を通じて

俺が実践した勉強法を書いていこうというのが

このブログの趣旨です

所詮は底辺合格者の戯言なので

信用できない方は適当に聞き流してください( ˘ω˘ )

なぜ、俺が仮面浪人をするに至ったのか

その経緯を説明します(゚∀゚)

仮面浪人をした理由

そもそも、俺は早慶志望だったのですが

現役時代は、早慶全滅だったので

中央大学商学部会計学科に進学しました!\(^o^)/

仮面くんの現役時代の合否

資格予備校としての中央大学

名前からも分かるように

日本でも珍しい会計学を専門的に扱う学科で

税理士・公認会計士試験の合格者数も多いです( ˘ω˘ )

f:id:neetkun2015:20160918195603p:plain

www.chuo-u.ac.jp

特に魅力的だったのが

経理研究所という会計スクールが学内に存在しており

普通の資格予備校よりも格安で受講できることです!( `ー´)ノ

通常は、Wスクールと呼ばれる

大学と資格予備校の両方に通わなければ試験合格は難しく

それは、早慶や東大の学生でも変わりません_(:3 」∠)_

それ故、税理士・会計士を目指す人間にとっては

実は、早慶東大よりも中大の方が環境が良いのです!(`・ω・´)

www.chuo-u.ac.jp

税理士か会計士を目指すつもりだったが・・・

元々、俺は、早慶に落ちたら

中央の経理研に入って、税理士か会計士を目指すつもりだったので

実際、中大は滑り止めというよりも第二の選択として入学したので

最初は、学歴コンプもありませんでした( ゚Д゚)

しかしながら、いざ経理研に入り

簿記の勉強をしている内に

いくつもの問題に気づきます_(:3 」∠)_

税理士・会計士の問題点

①在学中に合格するのは難しい

②将来性がなく、AIに仕事を奪われる可能性が高い

③あまり面白くはない

勉強時間の問題

まず、勉強時間は膨大にかかります

少なくとも3000時間以上はかかると言われており

凡人なら勉強期間は数年は必要です(;゚Д゚)

AIに仕事を奪われる!?

第二に人工知能=AIの台頭によって

人間による税理士・会計士業務は必要なくなるかもしれません

現時点でも、freeeのような便利なクラウド会計ソフトは存在しており

かつてより税理士の役割は格段に小さくなっております(;´Д`)

今や、弁護士ですらAIによって仕事を奪われるかもしれない時代です

税理士・会計士が10年後、20年後に

存在しているかどうかも分からないのです・・・

www.itmedia.co.jp

勉強がつまらない・・・

第三に、会計の勉強についてです

簿記の勉強では、電卓片手に計算問題を解くのですが

これが本当につまらないです( ^ω^;)

何で、21世紀にもなって電卓をポチポチしているのか虚しくなってきます

この時点で、あまり適性は無いと思いました

税理士・会計士を断念

以上の理由から

税理士・会計士を目指すことは断念し

無気力な状態で夏休みを迎えます( ゚Д゚)

目標を喪失した

この頃から早慶に対する学歴コンプを発症します

元々、どこかしらは受かると思っていただけに

諦めがつきませんでした(;゚Д゚)

それに残り4年間を会計学科で過ごすのにも嫌気がさしていました

という、まあ、そんな感じで

夏休みから仮面浪人を始めたわけです( ˘ω˘ )

志望校は慶應法学部1本に絞ったのですが

その理由は別記事で書きます

なぜ慶應法学部政治学科なのか?

仮面浪人はオススメしません!

このブログは、仮面浪人推奨ブログというわけではなく

ただ、俺が仮面浪人をしていたというだけで

本来は、慶應法学部対策に特化したブログです_(:3 」∠)_

仮面浪人は以下の記事でも述べていますように

お金と時間を膨大に費やすため

個人的にはオススメしませんが

このブログが何か参考になれば幸いです(´・ω・`)

仮面浪人とは何か?

まとめ

①中央大学には資格予備校のつもりで入学しました
②税理士・会計士を諦めて無気力になったので仮面浪人をしました