過去問研究の重要性について

はじめに

赤本が発売され始めましたね

慶應法学部の赤本も既に発売されて書店に平積みになっています

可能な限り早く入手して、問題と傾向を分析しましょう( ˘ω˘ )

 

過去問を真っ先に取り組もう!

というのも早い時期に

過去問を研究することは非常に大切だからです!(`・ω・´)

 

問題の傾向と対策が分かる

 

なぜなら、過去問研究をすることによって

問題の傾向が分かれば

その対策のために自然とやるべき勉強が見えてくるからです(゚∀゚)

まず目標を設定し

そこからやらなければいけないことを逆算して計画を立てる

この逆算の発想は

あらゆる問題解決をする際に必須のテクニックです(´・ω・`)

 

非効率な勉強をしない

もしも、闇雲に勉強をしてしまえば、無駄が増え

時間と労力をいたずらに消費するだけで、かなり非効率でしょう

特に真面目なタイプほどこの傾向が強いように感じられます(´・ω・`;)

 

慶應法学部の場合

例えば、慶應法学部を目指す場合

英語では英作文が出ません

また、日本史では細かい知識が問われるので

教科書が大して役に立ちません(; ・`д・´)

 

それにも関わらず

英作文の対策をしたり

日本史の教科書を一生懸命読んだところで

あまり意味が無く

残念ながら不合格になってしまうでしょう( ;∀;)

だから、英語なら

最初から単語帳に載っている英単語を

日本語に訳せるだけで問題ありませんし

日本史なら一問一答や用語集を使って

知識をガンガン、インプットしまくれば良いんです(゚∀゚)

 

徹底的に効率を重視する

この逆転の発想を持って

いかに効率の良い勉強をするかが受験において鍵となります

だからこそ、最初に過去問を解く必要があるんですね(´・ω・`)

 

過去問を分析すれば、合格ルートが見えてくる

× 勉強する⇒過去問を解く

○ 過去問を入手⇒分析する⇒対策を立てる⇒勉強する

このプロセスを辿ってほしいんです

この流れこそが志望校に合格するための最短ルートです

そのためには、1日でも早く過去問を手に入れてください!(`・ω・´)

まとめ

①過去問から問題傾向が分かる!
②問題傾向が分かれば何を勉強すべきかも分かる!
③今すぐ過去問研究を始めよう!