茂木健一郎氏、慶應に来たる

o0548044512870345793

 

 

はじめに

 

今日、茂木健一郎氏が慶應の日吉キャンパスに来ました

 メモは特に取っていなかったので

記憶を元に内容を書き出してみます_(:3 」∠)_

 

講演の発言まとめ

 

①日本の偏差値教育は糞 それを作っている諸悪の根源の予備校も糞

②18歳未満が大学に入れない日本は糞

③ハーバードやMITをメジャーリーグとすると日本の大学は高校野球レベル

④日本の大学、学生、教授は世界で全く通用しない

⑤日本語で書かれた論文は読む価値無し 英語の論文だけで良い

⑥MOOCの登場により大学そのものの存在価値が問われ始めている

⑦どんな事でも1万時間を費やせば、その道のプロフェッショナルになれる

⑧慶應にはビルゲイツやマック・ザッカーバーグのような理系オタクが皆無

あんまり覚えていません・・・

まあ、いずれにしろ、日本の大学生は

もっと自分のやりたい勉強をしろ的な内容だった気がします(´-ω-`)

茂木氏曰く

 

制度を変えることは不可能、故に自分自身が変わっていくしかない

やはり、日本の大学生は、もっと勉強をしなければ駄目ですよね

何もしない大学生活は、あまりにも無意味です(´・ω・`)

まあ、俺は無意味な大学生活を過ごしそうですけどね・・・

 

 

広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 名無しの受験生 より:

    慶應自体を全否定したと捉えてok?

  2. 仮面くん より:

    >>1
    慶應どころか日本の全ての大学、教育システムに対する批判ですね