なぜ、慶應法学部政治学科なのか?

はじめに

俺は仮面浪人時代
慶應法学部政治学科1本に絞って受験をしました
早稲田や他学部は最初から選択外でした(´・ω・`)

何で、そんなことをしたのか
よく質問されるので書いときます⊂⌒~⊃。Д。)⊃

慶應法学部政治学科を選んだ理由7つ

①マーク式が得意 記述式は苦手

②小論文は点数が安定しやすい

③政治学科は楽に単位が取れる

④法学部なので卒業論文を書く必要が無い

⑤法学部は公務員試験と相性が良い

⑥国語が苦手

⑦慶應という称号

これらの理由から
慶應法学部政治学科を狙いました(゚∀゚)

点数の取りやすさは圧倒的にマーク式が上!

そもそも、俺は記述式に対して滅法弱いです
偏差値60を切るくらいです

だから、記述式の他学部
ましてや、英作文や日本史論述なんてある
慶應経済は真っ先に候補から消えました(^ω^;)

後、国語が苦手です

現代文は、まだ良いですが
古文・漢文は、つまらなすぎて全く興味が持てませんでした(;゚Д゚)
そのため、国語の配点が高い早稲田も諦めました

そうなると、必然的に慶應法学部だけが残るわけです

やはり、マーク式は有利であって、メリットはいっぱいあります(^ω^)

マーク式のメリット

①勘でも当たる

②消去法が使える

③記憶が曖昧でも何とかなる

これは圧倒的な強みですね!(`・ω・´)

日本史なんて適当に覚えてても何とかなりますし
英語も勘が当たったところがいくつもあって
その恩恵は計り知れなかったです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

まあ、俺みたいなマーク式が得意という方は
是非とも慶應法学部を目指されてほしいです( ˘ω˘ )

小論文は点数が安定しやすい

他の記事にも何度か書いていますが
慶應法学部の小論文の平均点は、例年、40点台後半です(´・ω・`)

f:id:neetkun2015:20161120195228p:plain

採点方式はブラックボックスですが
小論文対策をしっかりとやっている受験生があまりいないだろうと想定すると
かなり、採点は甘いと思います( ゚Д゚)

故に、誤字脱字・字数不足、論理的に破綻した文章でなければ
50点以上は堅いでしょう!(`・ω・´)

基本的なことのように思われますが
案外、誤字脱字やおかしな日本語表現はしがちです
そのため、文章を書く訓練は日頃からしといた方が良いです(´・ω・`)

政治学科は単位取得がかなり楽!

実際、すごい楽です!\(^o^)/

法律学科に比べて、めちゃくちゃ単位認定は甘いですし
復活制度という留年救済措置もあるので
まず、留年はありえません!

多くの人は、入学当初、意識高く、色んな難しい講義を取りがちです( ^ω^; )

そこで、挫折したり、学問に興味が失せると楽単に走るわけですが
慶應の法学部政治学科は楽単が充実しています(笑)

経済学部なんて留年率が3割とかあるのですが本当に申し訳ないですよね(;´Д`)
一度も授業に出なくてもAをもらえる講義も結構あります

まあ、その辺のことは別記事の講義評価で紹介していますので
入学後に堕落したら、参考にしてください!\(^o^)/

慶應法学部政治学科の楽単情報(1) ~概要編~
慶應法学部政治学科の楽単情報(2) ~実際の講義評価編~

法学部は卒業論文を書かなくて良い!

実際に書いたことが無いのであれですが
卒論って本当に大変そうですよね(; ・`д・´)

全く興味が無い分野だったら、ものすごい苦痛です
ゼミとかもアカハラ教授に当たったらアウトですし
入らないで済むなら入らないに越したことは無いです(´・ω・`)

公務員試験との親和性が高い

行政法や憲法、民法など法学部で履修する科目と被ってるものが多いので
公務員試験の勉強も捗ります(^ω^)

面接でも大学で政治学を学んでいたので
公務員になりたいと思ったみたいな動機をつくれるので得です(゚∀゚)

理系から行政職を受けようと思うと、それなりの説得材料が必要ですからね(´・ω・`;)

国語が苦手

俺は国語の中でも特に古文が昔から苦手で点数が取れませんでした(´・ω・`)

古文の文章は平安時代や鎌倉時代の貴族が暇潰しに書いていたようなもので
フィクションや脚色も多くて、あんまり興味が持てませんでしたね(゚Д゚;)

そのため、国語の配点が高い早稲田は不向きということもあり、社学も受験しませんでした(;´Д`)

現役時代は社学も受けましたが
仮面浪人なら慶應法学部一本に絞っても問題無かったからというのもあります
落ちたら中央に残れば済みますからね(´・ω・`)

慶應という称号

正直に言うと、合格した今では、ほとんど関心が無くなってしまいましたが
仮面浪人時代は現役時代に早慶全滅していたこともあり
早慶に対しての憧れやコンプレックスがありました(; ・`д・´)

そのため、早慶以外の大学は眼中になく
国立は見向きもしませんでした( ゚Д゚)

しかし、今から考えると
ただでさえ、仮面浪人で親に経済的負担をかけていたわけで
再受験先は国立にすべきだったなあと思います(´・ω・`)

休学費用も無料ですしね

仮面浪人をした意味はあったのか?

実はあんまり無い?

依然として日本は学歴社会
就活では新卒至上主義が取られています( ゚Д゚)

確かに、学歴というのは一生ついて回るものですが
役に立つのは、せいぜい就活の時くらいです(;´Д`)

逆に言えば、就活が終わってしまえば
もう学歴なんて別に大して価値は無いんですね!(`・ω・´)

中には学閥みたいな悪しき風習が残ってるとこもありますが
会社に入れば、仕事ができるかどうかが一番大事です(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

なので、仮面浪人をしてまで慶應法学部に入り直しましたけど
大して意味は無かったと今では思います(^ω^;)

学歴はそこまで就活で役に立たない?

経験者だから言えますけど
文系の場合、大学で学ぶ内容なんて社会で何の役にも立たないですし
学歴がマーチから早慶になったからといって
就職が圧倒的に有利になるわけではありません!(; ・`д・´)

これは東大も変わりません
何社も落ちて内定が出ない人はどこの大学にもいます( ;∀;)

実力主義の就活を勝ち抜く

現在、大学名だけで採用されるような時代は終焉し
今や、個人の能力が重視される時代です(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

言うなれば、学歴はセンター試験のように足切り程度の価値しかなく
二次試験で自分の能力をアピールできなければ就活はうまくきません(゚Д゚;)

なので、単なら学歴コンプで俺のように仮面浪人を敢行するのは
時間とお金を無駄にするだけの可能性が高くオススメしません( ゚Д゚)

自分のスキルを磨いた方が良いです(^ω^)

まとめ

①慶應法学部はマーク式で入りやすい
②政治学科は楽単が多く卒業が容易
③ダラダラしたいなら慶應法学部政治学科!
④仮面浪人はなるべく避けよう!