慶應法学部の小論文対策

medium_3546619930

 

 

はじめに

慶應法学部の小論文についてです

実質、小論文のおかげで

俺は合格したも同然なので

小論文の大切さは身に沁みています(´・ω・`)

 

帰国で英語9割取れるとかじゃない限り

しっかり対策しましょう!\(^o^)/

 

慶應法学部の小論文対策

 

使う教材は過去問と小論文これだけ

 

①小論文これだけ!法深掘り編

②慶應法学部の過去問

 

小論文これだけ!法深掘り編では

19テーマについて

(公共の福祉、外国人参政権、プライバシー権etc・・・)

それぞれ、600字で書くのですが

それについての賛成反対の両方の考えが

解答例として載っています(´・ω・`)

 

小論文は型にはめて書こう!

また、一番重要なのが型です

小論文を書くにあたっては型というものがあり

その型に自分の考えをはめていくのが楽です

具体的に言うと、以下の流れになります(゚∀゚)

 

①課題文を読む

②要約する

③問題提起 

④譲歩と反論 

⑤根拠提示 

⑥結論 

 

課題文を読む

 

与えられた文章を読みます(´・ω・`)

1回目は10分で読み終わりたいです

 

読み直しでもう10分という感じですね( ゚Д゚)

 

要約する

 

最近の慶應法学部の小論文では

要約するよう問題で指定されていますが

されていなくても要約はしましょう!(`・ω・´)

 

要約するだけでも点がもらえる可能性が高いのと

そこから問題提起へと

自然につなぎやすくなるからです(*´ω`*)

 

300字程度を目安にしてください

 

問題提起

 

小論文において最も大事な問題設定ですね(゚∀゚)

問題提起することで、文章の軸ができるので

それに沿って文章を書くことで

書いてる途中で話が散逸したり

結局、何が言いたいのか分からない文章になることを避けられます

 

~は好ましいのか? ~をするべきか?

といった、YesかNoで答えられる命題を設定します(´・ω・`)

 

文章の内容から外れない限り

問題は自由に設定できますので

自分の書きやすいテーマにするのが鉄板です!(`・ω・´)

 

例えば、2015年の小論文は

「関係価値」に関する問題でしたが

人とのつながりが重要という話なので

それに関連する問題

例えば、無縁社会外交問題SNSの弱いつながり、などを

設定してやれば良いというわけです(´・ω・`)

 

自由に問題を設定できることの素晴らしいところは

事前に答案を作成しておけば

本番は丸写しで瞬殺できるということです(^ω^)

 

ゆえに、日頃から

問題となるネタを探して

答案を作成しとくのが

一番の小論文対策となります!(`・ω・´)

 

政治経済のネタは使えるので

常にアンテナを張っておくと良いでしょう_(:3 」∠)_

 

結論と合計で100~150字程度を目安にしてください

 

譲歩と反論

 

文章のテクニックとして

あえて、自分と反対の意見を載せて

それに対して反論することで

説得力を高めるというワザがあります(´・ω・`)

 

良いことしか書かれていない文章って胡散臭いですよね?

それよりも、問題点やデメリットも

きちんと載せている文章の方が誠実で信用できます|д゚)

 

良い文章というのは

読者に疑問点を持たせないものです(´・ω・`)

 

そのため、こちらから読者が持ちそうな疑問を載せて

それに対して、答えることで

説得力のある文章ができます(*^。^*)

 

基本的な譲歩と反論の形式は以下のものです

確かに、~  。 しかし、~である。

この形の文章をよく目にしませんか?

英語で言うところの

of course~, but~.と同じですね(´・ω・`)

 

あえて、想定される反論を事前に用意

それに再反論することで説得力を高めています_(:3 」∠)_

 

小論文はいかに

読者=採点官

を説得できるかで点数が決まってきますので

より説得力のある文章を書く必要があります!(`・ω・´)

 

150字~200字程度を目安にしてください

 

根拠提示

 

根拠のない主張は

ただの感想、妄想でしかありません(゚Д゚;)

 

根拠は小論文では超重要です

ここが間違っていたら致命的です

大幅減点は必至でしょう_(:3 」∠)_

 

なので、間違ったことは絶対書いてはいけません!(`・ω・´)

 

根拠が強ければ強いほど

説得力が増すので

高得点が期待できます(゚∀゚)

 

根拠部分では、自分の主張の根拠や正当性を示します

ここが小論文の最重要部分でもあるので

400字ほどは割きたいです(´・ω・`)

 

なぜなら、~。

そもそも、~とは~である。 

その背景には、~。

 

結論

 

最後に問題提起に対する

自分の主張を再度、述べて終了です(´・ω・`)

ここは何も難しいことはありませんね

 

以上のように、私は、~だと考える。

 

結論と合計で100~150字程度を目安にしてください

 

構成メモで答案の骨格をつくろう!

 

今回は、構成メモについて説明しようと思います

これは簡易的な下書きで

答案を書く際の骨格となるものです( ˘ω˘ )

 

俺は以下のように時間配分をしていましたので参考までに

案外、書くのに時間が取られるので注意(;゚Д゚)

 

時間配分

 

①最初に課題文を読む 10分

②構成メモ作成(課題文の読み直し含む) 40分

③実際に書く 35分

④誤字脱字内容の見直し 5分

 

字数配分

 

①要約 300字

②問題提起+結論 100字~150字

③譲歩と反論 150字~200字

④根拠提示 400字

 

要約に字数指定がある場合は

他の部分を適宜、削ってください(´・ω・`)

 

問題の余白を使う

構成メモを作るには問題の余白部分を使いましょう

適当に線で区切って

要約、問題提起、譲歩、反論、展開、結論

の6コのスペースをつくります

 

ネタの箇条書き

 

次に、各スペースに書くネタとなる

キーワードを箇条書きしときます(´・ω・`)

そして、それらを統合して

自分の頭の中に答案を思い描けたら

実際に書くという感じです_(:3 」∠)_

 

問題を使って解説

 

小論文これだけ!の問題を使って説明します

 

【問題】

日本のマスコミは事件・事故を報道する際に

原則として、実名報道となっている

それに対して、実名報道はプライバシーの侵害につながるとして

匿名報道に切り替えるべきだという意見がある

あなたは、そのことについてどう考えますか?

600字以内で論じなさい

 

問題提起

 

①日本のマスコミは実名報道

②プライバシーの侵害

③実名報道は良いのか?

 

譲歩

 

①実名報道の規制は危険

②政治家の不正を糾弾

③権力の監視

④マスコミの存在意義

 

反論

 

①私人は匿名報道にすべき

②公人は実名報道も仕方ない

 

展開

 

①プライバシーを暴くことの公益性

②公人◎ 私人×

③報道による被害者とその家族への精神的苦痛

④報道による被害者の社会的不利益

⑤私人のプライバシーは守られるべき

 

結論

 

①私人の実名報道は改めるべき

 

実際に問題を解いてみる

 

前述した型を使って書く例として

実際に問題を解いてみます_(:3 」∠)_

 

問題

 

日本のマスコミは事件・事故を報道する際に

原則として、実名報道となっている

それに対して、実名報道はプライバシーの侵害につながるとして

匿名報道に切り替えるべきだという意見がある

あなたは、そのことについてどう考えますか?

600字以内で論じなさい

 

解答

 

問題提起

 

日本のマスコミは、原則として、実名報道であるが

プライバシーの侵害につながるという批判がある

はたして、マスコミによる実名報道は好ましいのだろうか

 

譲歩

 

確かに、実名報道の制限には危険な面もある

マスコミには、権力の監視という重要な役割がある

政治家などの不正疑惑が自由に報道できなくなると

その役割を果たせなくなり

マスコミの存在意義が問われることになりかねない

 

反論

 

しかし、私人については匿名報道に切り替えるべきだと私は思う

 

根拠提示

  

実名報道が、程度の差はあるといえども

その人のプライバシーを暴く行為であることは否定できない

であるとすれば、その人の実名を報道することに

どの程度の公益性があるかが問われることになる

公人の場合は、公益性を考慮すると、ある程度やむを得ない側面があるが

私人については、実名を広く社会に知らせることが

社会にどんな利益をもたらすかを考えることが重要となる

特に、犯罪被害者や事故の犠牲者の実名を報道することが

一般社会において、何らかの社会的利益につながるとは考えにくい

世間の好奇の目に晒し、本人や遺族を傷つけ

彼らに社会的不利益を与えるだけなのであれば

実名報道をするよりも

彼らのプライバシーを守ることの方が優先されるべきである

 

結論

 

以上のように、私は、実名報道にはプライバシーの問題があるので

私人に関しては、匿名報道にすべきだと考える

 

受験した2014年の構成メモ

 

問題用紙にメモを書いていましたが

こないだ捨ててしまったので

うろ覚えです・・・(´・ω・`)

文章がどんなに難解でも

自分の知ってるテーマに

無理矢理、繋げてしまえば意外と書けます(゚∀゚)

 

文章の要約は300字程度です

まず、正義の倫理とケアの倫理の違いについて

ほぼ本文を丸パクリして書きました(*´ω`*)

この文章で、筆者が主張したいのは

ケアの倫理が重要で

とりわけ、政治において有効ということであり

そこから、テーマを強引に

日本の道徳教育問題にして論じました(`・ω・´)

 

正直、根拠の弱い

かなり青臭い理想論です(´・ω・`;)

 

まあ、教員という人種は

こういう理想論が多分、好きだと思うので

案外、評価されたかもしれません(笑)

 

問題提起

これから、日本は道徳教育にもっと力を入れていくべきなのだろうか?

 

譲歩

 

①学力の世界ランキングの低下

②脱ゆとり教育に向かっている

③道徳は点数化ができない

④時間の無駄なのでは?

⑤もっと理系教育に力を入れるべき

 

反論

 

①詰込教育の弊害

②道徳教育は今後の日本の将来に役立つ

 

根拠提示

 

①ケアの倫理観を持った若者を増やす

②汚職をしない信念を持った官僚と政治家を生む

③犯罪率の低下

④弱者に寄り添う政治

⑤成熟した福祉国家

⑥国民の幸福

 

結論

 

日本は、これから、道徳教育を推進していくべきである

 

解答例を書写しよう!

 

実践の話なのですが

小論文これだけ!法深掘り編は

ただ読むだけでなく実際に書いてみましょう(´・ω・`)

 

俺は、ワードで列25×行24の600字の

原稿用紙を自作して、解答例を書写していました

こうすることにはメリットがいくつかあります_(:3 」∠)_

 

書写するメリット

 

①型にはめて書くのに慣れる

②構成メモを作るのに慣れる

③解答例を自然と暗記できるので本番でそのネタが使える可能性がある

それが終わった後は、慶法の過去問を解いとけば良いと思います

 

無料で添削してもらおう

 

俺は、添削は誰にもしてもらいませんでしたが

現国の教師みたいに無料でやってくれる人がいるなら

やってもらった方が良いですね(´・ω・`)

 

ネットの添削サイトは結構、ボッタくりなので

あまり、オススメしません・・・(; ・`д・´)

 

重要! 誤字脱字と字数不足は絶対に避ける

最後に字数不足と誤字脱字だけは絶対に避けましょう

指定字数が1000字なので900字未満は減点されるのが濃厚です

誤字脱字も1つにつき2~3点は減点されると思うので

見直しは、しっかりやるべきです(;゚Д゚)

 

まあ、字数不足と誤字脱字に気をつけて

内容が著しく的外れでも無い限りは50点以上は貰えると思います

平均点的に、かなり甘い採点だと予想されますので(´・ω・`)

 

まとめ

 

①小論文は型にハメて書けば楽

②小論文の型:要約⇒問題提起⇒譲歩と反論⇒根拠提示⇒結論

③例年の平均点は40点台後半なので採点は甘い可能性が高い

④誤字脱字と字数不足を防げば、50点以上は堅い

 

 

 

広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
レクタングル(大)広告