慶應法学部の英語対策

英語は周知の通り、難しいです

特に2014年は分量が鬼で

難易度が相当上がりました( ;∀;)

平均点は70点しかなかったようです

 

インタビューの復活で

打撃を受けた人も大勢いたでしょうね(゚Д゚;)

俺もその一人で、無対策で突撃して撃沈しました・・・

 

今後も出る可能性は高いので

きちんと対策しておくべきですね!(`・ω・´)

 

慶應法学部の英語分析

 

アクセント&文法

 

Ⅰはアクセント&文法問題です(´・ω・`)

2014年はアクセントがなく

[A][B]に別れていて

[B]に通常Ⅱであるはずの語形変化が挿入されています

 

これによって、大問は5コであるにも関わらず

いつもの分量にインタビュー問題が上乗せされたわけです(; ・`д・´)

 

2014年以降はアクセント問題は出題されていません

配点の低さを考慮すると

コスパが非常に悪いので捨て問でしょう( ゚Д゚)

 

会話文

 

Ⅱは会話文という名の熟語問題です( ゚Д゚)

2014年は難化して選択肢[B]に

standしか無いという訳ワカメな状態でした・・・

 

2016年では、これまでの熟語問題から

通常の会話問題になりました_(:3 」∠)_

 

そのため、英熟語以外に会話対策も必要です!(`・ω・´)

 

インタビュー

 

Ⅲはインタビュー問題でした(´・ω・`)

無対策だと厳しいですね

 

2015年と2016年では出題されませんでしたが

2017年以降、再び復活する可能性は十分にありますので

対策を怠らないようにしておきましょう!(`・ω・´)

 

単語定義

 

Ⅳは単語定義です

下線部の単語の意味を説明している

選択肢を選ぶ問題です( ゚Д゚)

 

選択肢は辞書の意味を

そのままコピペしているだけなので

品詞分解で簡単に解けます!\(^o^)/

 

長文

 

Ⅴは普通の長文です

時間が一番かかるので

25分くらいは残しておきたいです(´・ω・`)

 

慶應法学部の英語対策

 

アクセント

 

全部3にすれば1つは当たります

配点は2点ほどでしょう

捨てても構いません_(:3 」∠)_

 

文法

 

桐原の頻出英文法語法問題1000がオススメです

センターレベルならこれ1冊で満点を取れます(`・ω・´)

 

配点は2~3点ほどですが

問題数も結構あるので

高得点を狙いたい人は

文法対策をしっかりとした方が良いでしょう(^ω^)

 

分からなければ、適当にマークします

考えても分かる問題ではないので

とにかく時間を優先します( ゚Д゚)

 

会話文

 

会話というのは名ばかりで実態は熟語問題です(´・ω・`)

これは熟語力を高める他に無いです

見慣れない熟語も多く出題されます

 

解体英熟語と頻出英熟語問題1000で基礎を固めて

最低限取りにいくのが現実的かもしれません・・・(゚Д゚;)

 

高得点を狙いたい人は

基本動詞+前置詞イディオム1000を

やっておくのも良いでしょう_(:3 」∠)_

 

2016年からは例年の熟語問題ではなく

純粋な会話問題になりました( ゚Д゚)

 

2017年以降どうなるかは不明ですので

会話問題対策もした方が良いです(*´ω`*)

 

会話文特有のフレーズを暗記するなら

Z会の英会話問題トレーニングがオススメですね

 

インタビュー

 

これは問題の難易度から考えて配点が高いです

多分5~6点はあると思います(`・ω・´)

同じ選択肢を使えないので

連鎖的にミスする恐れがあるので注意

 

インタビュワーの発言は時系列順なので

これを足がかりにします(^ω^)

 

つまり、インタビュワーの前の発言の最後の文

次の発言の最初の文ピッタリと合致する返答が答えとなります(゚∀゚)

 

他には代名詞が重要になります(*´ω`*)

初めて出てきた言葉には、代名詞が絶対に使われないので

文の前後関係が分かるからです

 

2014年の場合

(27)法曹界にどのような変化が起き

なぜ、それがアメリカの法制史において重要なのですか?

返答

(28)現在のシステムの何が問題なのですか?

返答には、法曹界にどんな変化が起きるか

また、それが重要な理由が語られているはずです

 

【返答】

法律事務所の時間決めで料金を請求するやり方が変わる

これが実現すると法律事務所の

仕事のやり方にも大きく影響を与えるから

法曹界にとっては大きな出来事

 

というわけで答えは4番になります

まあ、俺は間違えたんですけどね・・・

こんな感じで解いていくんですが慣れが、かなり重要だと思います

そのために過去問を多く解いとくのが良いでしょう

 

単語定義

 

これも配点が高いでしょう

恐らく、4点~5点ぐらい

この問題は個人的には解きやすいので、満点を目指してもらいたいです

まず、即座にやるべきこととしては

下線部の単語と選択肢を全て品詞分解して品詞名をマークしとくことです

品詞を4つに分けます

動詞、名詞、形容詞、副詞ですね

これだとメモに時間がかかるので以下のように省略します

 

①動詞→v(verb)

②名詞→n(noun)

③形容詞→a(adjective)

④副詞→av(adverb)

 

品詞の見分け方としては、動詞は、まあ分かるでしょう

名詞は冠詞の後や形容詞の後に来ます 形容詞は名詞の前後に来ます

副詞は動詞、形容詞の前とか文の最初とか最後だったりに来ます

まあ、単語の語尾が-ous、l、ful、ingとかは形容詞

-ly、llyなら副詞っていうのは常識でしょう

 

2014年の場合

 

まず、品詞分解すると

(37)~(46)

n、a、av、a、n、av、a、a、a、av

n=2 a=5 av=3

 

選択肢0~9

n、av、a、av、n、a、a、av、a、a

n=2 a=5 av=3

次に既知の単語を答えます 

まあ、単語王レベルだとcapriciousしか分かりませんが

ensuingは2011年の慶法の長文G段落で

出てきたことがあるので分かりました

後は、文脈から判断して

同じ品詞の選択肢から消去法を駆使していけば解けるはずです

俺は15分ぐらいで解いたので、その辺りを目安にしてください

 

長文

 

特筆することは無いです 普通の長文問題です

配点は、もちろん高い

内容一致は5~6点 空所補充は各2点ぐらいだと思います

他で時間が取られると厳しいので、25分ぐらいは残しておきたいです

早慶・他大の過去問で実践を積むのが効果的でしょう

 

過去問は東進で無料で入手しましょう!\(^o^)/

 

www.kamenkun.net

 

単語定義の品詞分解法

 

下線部の単語と選択肢の単語の

品詞分解の方法です(`・ω・´)

 

受動態は下線部の単語だと動詞扱いですが

選択肢だと形容詞扱いになっているので

気をつけてください(´・ω・`)

 

過去分詞・現在分詞とは形容詞と同じで

それだけでは文が成立しないものです

動詞と見分けづらいので注意してください(゚Д゚;)

 

a broken window 壊された窓

A window is broken. 窓が壊れている。

 

上の文と下の文の違いは文になっているかどうかです

上は名詞を修飾した主語ですが

下は主語が窓でbrokenが動詞の受動態ですね( ゚Д゚)

 

名詞を修飾するのが分詞で

しないのが動詞です(`・ω・´)

 

名詞

 

冠詞がついている

単語が名詞系 

 

例: -tion , -ness , -ity

 

形容詞

 

現在分詞

過去分詞

受動態(選択肢)

of+名詞

単語が形容詞系 

 

例: -ous , -cal , -able

 

副詞

 

in+名詞

as~

単語が副詞系 

 

例: -ly

 

動詞

 

to+動詞

受動態(下線部)

 

something

 

形容詞あるいは名詞です

 

各年度の英語の配点予想

 

問題数から俺が勝手に配点を予想しました(゚∀゚)

参考までにどうぞ

 

2016年

 

Ⅰ 3×15=45点

Ⅱ 4×10=40点

Ⅲ 5×10=50点

Ⅳ 正誤問題 5×11 +穴埋め  2×5=65点

 

2015年

 

ⅠA 2点×5=10点

ⅠB 2点×10=20点

Ⅱ 4点×15=60点

Ⅲ 5点×10=50点

Ⅳ 正誤問題 5点×10  + 穴埋め 2点×5=60点

 

2014年

 

ⅠA 3点×4=12点

ⅠB 2点×7=14点

Ⅱ 2点×15=30点

Ⅲ 5点×10=50点

Ⅳ 5点×10=50点

Ⅴ 正誤問題 6点×6 + 並び替え 2点×4=44点

 

2013年

 

ⅠA 2点×4=8点

ⅠB 2点×4=8点

Ⅱ 3点×7=21点

Ⅲ 4点×15=60点

Ⅳ 5点×10=50点

Ⅴ 正誤問題 5点×9 + 穴埋め 2点×4=53点

 

英語の時間配分

 

俺のおおよその時間配分は

以下のように設定していましたので

参考までにどうぞ(´・ω・`)

 

2014年がいかに時間が足りなかったかが分かると思います(笑)

 

①文法 10分

②会話文 15分~20分

③単語定義 15分

④インタビュー 20分

⑤長文 25分~30分

 

慶應法学部合格のための戦略

 

例年、合格最低点は250点以下なので

250点を取れば確実に受かります(^ω^)

 

なので、250点を目安に

各科目の点数を分配すると良いです(´・ω・`)

 

俺の場合は

英語長文に自信が無く

日本史と小論文は安定して点数が取れると思っていたので

以下のように点数計画を立てました_(:3 」∠)_

 

①英語120点

②日本史75点

③小論文55点

 

英語で120点を確保する

 

俺の場合は120点でOKだったので

単語定義は絶対に満点で50点確保

長文は半分できればOKで25点確保

残りの45点は会話文と文法で稼ぐという感じでした(゚∀゚)

 

特に会話文は実質、前置詞イディオム問題なので

ひたすら、英熟語を覚えて満点を目指しました(`・ω・´)

 

実際は、会話文爆死で

インタビューも復活して死にかけましたが

意地で単語定義は満点を取って

110点に止まれました(; ・`д・´)

 

高得点のカギは長文

 

言うまでもなく

長文が一番配点高いです(゚Д゚;)

 

なので、英語で高得点を獲得するためには

長文で点数が取れなければなりません( ゚Д゚)

 

まとめ

 

①英語は120点以上はほしい

②単語定義は満点を狙いたい

③高得点には長文が重要

 

 

広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
レクタングル(大)広告